日本ではじめて焼き上げたバウムクーヘン

ドイツ菓子の王様バウムクーヘン。それを日本で初めて焼いたのは当社の創始者、カール・ユーハイムでした。

中国・青島(チンタオ)で菓子店を経営していたカールは、第一次世界大戦で進軍した日本軍に強制連行され、多くのドイツ人とともに広島県似島にいました。広島物産陳列館(現在の原爆ドーム)で開かれた似島収容所浮虜製作品展覧会に、カールがバウムクーヘンを出品したのは、1919年のこと。樫の木を芯棒にして手でまわしながら生地を掛けていくという非常に手間と時間のかかる製法でした。カールはドイツ人としての誇りとお菓子への情熱を一層一層に込めて焼き上げました。それが日本最初のバウムクーヘンです。そのしっとりとしたおいしさは、会場を訪れた日本人を驚かせ、アッという間に売り切れてしまいました。俘虜解放後、カールは日本で菓子店を開店。店頭にいつもディスプレイされたバウムクーヘンは当時「ピラミッドケーキ」と呼ばれ、カールがお客様の注文に応じて物差しも使わずに正確に切り分けて売っていました。1960年代に入るとその名は「ピラミッドケーキ」から「バウムクーヘン」に改められて一般的に知られるようになりました。

愛され続けて100年以上。ユーハイムのバウムクーヘンの歴史

カールが初めて焼き上げた時から現在にいたるまで、バウムクーヘンは多くの人に愛されてきました。
その秘密は、カールの製法がユーハイムのマイスター達の手によってそのまま受け継がれているからです。

純正自然な材料だけを使うというおいしさへのこだわりも、創業以来100年、変わることはありません。

創業当時の本店

後方の棚にバウムクーヘンが見えます。

1960
1960年代のバウムクーヘン。
木の年輪をデザインしたパッケージでした。
1970
1970年当時のバウムクーヘン。
ドイツの古城がパッケージのシンボル。
1978
植物をモチーフにしたデザインです。
1983
1983~2003年、21年間親しまれた缶のパッケージ。
2003
2003年、長年続いた缶のパッケージから紙箱へと変わりました。
2004
2004年、ドイツのデザインスタジオ、ペーター・シュミット・グループにより、ユーハイムのロゴデザイン及びパッケージデザインが新しくなりました。
2009
2009年、創業100周年を記念してロゴデザイン及びパッケージデザインが新しくなりました。